<近刊>ペリーとともに

『ペリーとともに − 画家ハイネがみた幕末と日本人』
フレデリック・トラウトマン著
座本 勝之訳

四六判 ソフトカバー
ISBN978-4-380-18000-2 C0026  288頁
定価:本体2800円+税(2018年7月)

ペリー日本遠征艦隊の従軍画家、ウイリアム・ハイネの生涯と遠征日誌

間もなく、浦賀奉行所が三百周年を迎える。
従軍画家・ハイネは、幕末の浦賀奉行所の若い与力や同心、通詞たちとの人間的な交流の中で彼らを高く評価していた。
芸術家であるハイネの目を通して描かれた初めて接する日本の人々、風景・風俗、食べ物や建物、そして動植物などの叙述やスケッチが、時間を超えてわたしたちに実感として伝わる。
それが本書『ペリーとともに』の魅力でもある。


(上)下田の船着場(1854.6/8)
(下)琉球王宮からの帰途(1853.6/6)

<もくじ>

  • 序章   ハイネの生涯
  • 第一章  ハイネ、日本遠征隊に加わる
  • 第二章  琉球へー最初の訪問
  • 第三章  ペリー提督、琉球王朝へ公式訪問
  • 第四章  小笠原諸島(ボニン・アイランズ)
  • 第五章  再び琉球へ
  • 第六章  江戸湾へー最初の訪問
  • 第七章  幕府高官との会見
  • 第八章  マカオでの幕間劇
  • 第九章  マカオでの幕間劇(続)
  • 第十章  琉球へー三度目の訪問
  • 第十一章 再び江戸湾へ
  • 第十二章 交渉の開始
  • 第十三章 下 田
  • 第十四章 下 田(続)
  • 第十五章 箱 館
  • 第十六章 日本からの出航
  • 第十七章 最後の琉球訪問
  • 第十八章 帰 国
  • ヴィルヘルム・ハイネの年代記
  • 注釈

<原著>
With Perry to Japan: A Memoir by William Heine
(translated with an introduction and annotations by Frederick Trautmann)
@1990 by  University of Hawai’i Press

Share on Facebook
[`twib` not found]
Post to Google Buzz

Comments are closed.