<近刊>わたしを生きる知恵

『わたしを生きる知恵―80歳のフェミニストカウンセラーからあなたへ

河野貴代美著
(対談:岡野八代)

四六判 ソフトカバー 248頁 (2018年1月刊行)
ISBN978-4-380-18004-0 C0036
予価:本体1700円+税

日本では、二〇〇〇年前後から、改正男女雇用機会均等法(セクハラ防止が盛り込まれる)、男女共同参画社会基本法、DV防止法などが施行され、女性の人権が守られるよう社会は少しずつ変化してきています。しかし残念ながら、法律や制度はできても、日常生活における自分と夫/パートナーとの関係をとらえ直す土壌は培われていません。
母親をはじめ身近に、伝統的な性別役割から解き放たれたロールモデルが存在しない日本の社会であることは、今も昔もあまり変わらないようです。母親との葛藤を抱える女性は増えている印象を持ちます。
女性活躍といわれる時代ですが、働いている女性も、仕事では男性以上に努力し、そのうえ家事・育児ももっぱら担うというのが多くの女性の実態でしょう。どこでどんなふうに生きていても、生きがたいという現実。個々の女性たちが、のびのびと自分らしく生きられる社会とは言いがたい、それが日本の女性の現在ではないでしょうか。
そんな中でも、変化を求める人は多いはず。女性が自分に出会い、自分自身を生きていくために必要な知恵や歴史を、フェミニズムに出合った私たち世代の女性が語り継ぐことが必要だと考えました。それは、きっと女性たちの力になるでしょう。(著者まえがきより)

◎目次◎

はじめに

第1章 [対談]個人史を語る
1 母との関係
2 フェミニズムとの出合い
3 フェミニストカウンセリングの立ち上げ
4 政治思想をフェミニズムの視点で読み直す
5 「自立」「自己表現」からDV・セクハラまで

第2章 関係の中で自分を育てる
あなたはあなたであってよい
個人的なことは政治的なこと
自分に正直であること
(コラム1)日本フェミニストカウンセリング学会の歩みとともに
人と共にいるということ
女性自身の意識変革──CR
自己評価を高める──ATとSET
新しい服探し
(コラム2)暴力根絶をめざして
神話を覆す
アイデンティティをめぐる問いかけ

第3章 [対談]家族について
6 家族のいま
7 同性カップル
8 「家族」に代わる支え合いの形
9 カテゴリー化に疑問

第4章 あなた自身を生きなさい
母と娘
自分を知る
(コラム3)今後の母娘関係を考えるうえでのヒント
複眼思考と分節化
女性同士の友情
カテゴリーの移動
(コラム4)地方でのフェミニストカウンセリングの実践
罪悪感
夫、パートナーとの関係
生きること
覚悟と断念

第5章 [対談]いま、伝えておきたいこと
10 フェミニズムの衰退・断絶をめぐって
11 「自己責任」という言葉が示すもの
12 「個の尊重」の核となるもの

おわりに

Share on Facebook
[`twib` not found]
Post to Google Buzz

Comments are closed.