ヘイト・スピーチと地方自治体

『ヘイト・スピーチと地方自治体 – 共犯にならないために

前田 朗

四六判 ソフトカバー
ISBN978-4-380-19007-0 C0036  232頁
定価:本体1800円+税

ヘイト・デモやヘイト集会のために公共施設を利用する例が増えてくると、地方自治体がヘイト・スピーチを容認し、これに協力して良いのかという問題が意識されるようになった。
ヘイト・スピーチの「共犯」にならないために自治体はどうすればよいのか!?
川崎市が先陣を切った公共施設利用に関するガイドラインの策定も各地で相次いでいる。
ヘイト・スピーチが深刻な人権侵害を引き起こしている現在、自治体における取り組みをどのように考えるべきか!?
憲法、地方自治法、及びヘイト・スピーチ解消法に従って、どのような施策を講じていくべきか!?
本書はこうした諸問題について解説した入門書である。

 

▶︎出版記念集会 レイシズムと闘うために – 私たちの課題

★商品はこちらからもご購入いただけます。




honto


◉もくじ◉

  • 第1章 いま何が問われているか
  • 第2章 ヘイト・スピーチをめぐる7つの誤解
  • 第3章 ヘイト・スピーチを許さない7つの根拠
  • 第4章 ヘイトの共犯にならない7つの対策
  • 第5章 公の施設利用ガイドライン
  • 第6章 教育・文化政策のために
  • 第7章 被害者救済のために
Facebook にシェア
[`twib` not found]
[`google_buzz` not found]

Comments are closed.