劉連仁 穴の中の戦後


『劉連仁・穴の中の戦後―中国人と強制連行』

四六判 ソフトカバー 232頁
ISBN978-4-380-95289-0 c0036
本体1650円
野添憲治

農民だった劉さんは中国・山東省から北海道の炭鉱に強制連行され、敗戦直前に炭鉱から逃亡。
日本の敗戦も知らず13年間も厳冬の地、北海道で穴ごもり生活を送った。強制連行の実態をするどく描く。

<もくじ>
第1章 雪の当別山中で発見
第2章 身重の妻とひきはなし強制連行
第3章 昭和鉱業所で地獄の労働
第4章 「穴」から見た日本の戦後
第5章 日本政府に謝罪と補償を要求
第6章 帰国
終章 再び日本へ


Comments are closed.