<近刊>民族教育ひとすじ四〇年


『民族教育ひとすじ四〇年 ― 東京朝高 元教員の手記』

四六判 ソフトカバー 231頁 (8月中旬刊行予定)
ISBN978-4-380-17005-8 C0036

定価:本体1800円+税

趙政済(チョ・ジョンジェ)元東京朝鮮中高級学校教員、元中央教育会副会長。

山口県の炭鉱村に生まれた一人の在日朝鮮人二世がたどった半生。
民族学校との出会いからやがて東京朝鮮高校の教員に。

民族学校がさまざまな隘路におかれている今、民族教育への思いを語る。

  • 家族
    1 アボジ
    2 オモニ
    3 兄
    4 弟
  • 幼少年時代
    1 山口県での生活
    2 転校、朝鮮学校へ
    3 林君との出会い
  • 青年時代( 一九六七~一九七五)
    1 高校浪人
    2 マルクス主義への目覚め
    3 朝鮮大学校へ
  • 民族学校教員に
    1 東京朝鮮中高級学校に配置
    2 商業科教育の重要性
    3 結婚、長男の誕生
    4 生まれて初めて見る祖国
    5 保衛部に拘束された弟
  • 在日本朝鮮人中央教育会での活動
    1 学校運営の資金つくりに奔走
    2 アボジの遺骨を故郷へ
Share on Facebook
[`twib` not found]
Post to Google Buzz

Comments are closed.