歩く、走る! のばせ健康寿命

169007
歩く、走る! のばせ健康寿命
– 栄養学と運動生理学で考える「走る、アンチエイジング」

四六判 ソフトカバー 212頁
ISBN978-4-380-16900-7 C0075

定価:本体1400円+税
太田 篤胤

発行/株式会社E-lock.planning

「日刊ゲンダイ」2016.4/20で紹介されました。

39歳でクモ膜下出血に倒れ、リハビリで始めたランニングがきっかけでマラソンランナーへ。
栄養学の最前線にいる著者が、安直な健康法やアンチエイジングに警鐘を鳴らし、自らの経験と学問的見地から、運動と栄養をベースにした健康のための実践的な理論を提唱する。
健康寿命をのばし、長くなった人生の終盤を輝かせ、若々しくポジティブに生きるためのノウハウの数々。
今日から始められるクライマックスプランニング!
○自分の寿命を「仮決め」してみる
○定年前に「仕事人間」を卒業する
○お金は生きているうちに使ってしまおう
○50歳を過ぎたら電車では座らない
○身体にいい食べ物、はアテにならない
○認知症は運動で先のばしできる!?
○高齢者の食生活にヒントがある
○誰でもできる「歩く」からフルマラソン完走まで

★商品はこちらからもご購入いただけます。

honto

●太田篤胤(おおた あつたね)
○城西国際大学教授(臨床栄養学)、元同大学女子駅伝部顧問、博士(農学)、鍼灸師
○1959年生まれ、東京農工大学農芸化学部卒業後、テルモ株式会社、明治製菓株式会社で研究職に就き、サプリメントの開発などに携わる。1999年、「難消化性糖質(フラクトオリゴ糖)のミネラル吸収促進作用に関する研究」で日本栄養・食糧学会奨励賞。2004年から現職。
○1998年にクモ閣下出血で倒れ、一命をとりとめるが、リハビリで始めたランニングがきっかけで41歳のフルマラソンを完走。以後、マラソンへの挑戦を続け、2015年、55歳で自己ベストの3時間25分52秒を記録。

Share on Facebook
[`twib` not found]
Post to Google Buzz

Comments are closed.