天智・天武 死の秘密

絵柄全面/矩形分割+白帯

『天智・天武 死の秘密 ―万葉集を読み解く―』
定価:本体価格1900円+税
ISBN 978-4-380-14006-8 C0021 四六判 231頁
立美 洋著
◆日本図書館協会選定図書

古代において、歌は詠み人の願いを実現する力があると信じられていた。
嘘を詠めばそれが現実になってしまう・・・だから古代の人々は、
心からの願いや思いを歌に託したのだ・・・まえがきより

『日本書紀』によると、天智天皇も天武天皇も「病死」とされているが、
『万葉集』記載のふたりの皇后の挽歌を丁寧に分析すると、いずれも「暗殺」されたことがうかがえる。
時代は7世紀後半。天皇一族の血なまぐさい権力闘争が浮かび上がる・・・

★商品はこちらからもご購入いただけます。

honto

<書評・紹介>

<もくじ>
第一部 天智天皇は山科野で暗殺された
第1章 天皇が木旗の上を通う
第2章 ささなみの大山守
第3章 額田王の心
第4章 大海人が攻めて来る
第5章 『扶桑略記』の史実
第6章 日本書紀の読み替え
第7章 下手な言い訳
第8章 天皇の病気の実態
第9章 暗殺者の名前
第10章 日本書紀が語る〝真実〟とは

第二部 天武天皇は皇子達に命を奪われた
第1章 証言者は皇后ただ一人
第2章 燃える火を裹む
第3章 青雲の星離り行き
第4章 「あを」と「青」
第5章 「あをくも」は枕詞
第6章 「あをくも」と皇子達
第7章 非現実的な言葉
第8章 〝悪質な〟読み替え
第9章 「不安」と「不和」
第10章 天皇と皇子達の確執
第11章 天皇の命を奪った理由
第12章 挽歌の詠み人は皇后一人

第三部 悲劇の皇子の心の叫び
第1章 無実だった大津皇子
第2章 大伯皇女の嘆き
第3章 有間皇子の悲劇

Share on Facebook
[`twib` not found]
Post to Google Buzz

Comments are closed.