田中正造翁余録 上

田中 上

『田中正造翁余録 上』
島田宗三

四六判 ソフトカバー 399P
ISBN978-4-380-13000-7
定価:本体2600円+税
◆日本図書館協会選定図書

晩年の田中正造像を刻む貴重な記録、待望の復刊!

★商品はこちらからもご購入いただけます。

honto

「見よ、神は谷中にあり。聖書は谷中人民の身にあり」(田中正造)
18戸百余人の谷中村民と共に、臨終のときまでのすべてを賭けた、晩年の田中正造の苦闘の姿にこの本の著者であり、谷中遺民を名乗る島田宗三老の姿が重なり合う。
国家と法の名による廃村の暴挙に抗して、あらゆる苦難に耐え、自治と人間に拠って一歩も退かなかった人びと。田中正造と谷中村民の闘いの日々を物語る感動の記録である。
明治以降、この国の棄民政策が何も変わらないことが赤裸々になった今、私たちの心に突き刺さる足尾鉱毒事件、闘いの記録である。

<上巻目次>

編者序

序 章 足尾銅山鉱毒事件の概要

第一章 強制破壊まで 明治三十五年十月~明治四十年六月

第二章 谷中村の滅亡 明治四十年六月~八月

一 立退きの強要

二 その前夜

三 強制破壊

四 強制破壊の後

第三章 谷中村復活闘争の出発 明治四十年九月~明治四十一年

一 再建へ一筋の道

二 河川法適用反対の闘い

三 谷中瀦水池の欺瞞

四 碓井要作氏と谷中村問題

第四章 渡良瀬川の治水問題 明治四十二年

一 破憲破道への糾弾

二 渡良瀬川改修の賛否

三 近県への改修反対働きかけ

第五章 利根の逆流 明治四十三年

一 野木村の陳情書

二 わが関東五州は既に死亡せり

三 強制破壊三年目の谷中村

四 天の警告、利根川の氾濫

五 洪水の禍根、足尾銅山

第六章 土地収用補償訴訟の危機 明治四十四年

一 河川踏査前後の翁

二 栃木裁判所「和解」案の提示

三 欠席判決をめぐって

第七章 われら谷中を去らず

一 渡良瀬川改修と周辺町村の用地買収問題

二 谷中畦畔修築への禁止命令

谷中村問題重要日記

田中正造翁と父島田宗三(島田早苗)

 

Share on Facebook
[`twib` not found]
Post to Google Buzz

Comments are closed.