竜二漂泊1983

9784380139000
『竜二漂泊1983 この窓からぁ、なんにも見えねえなあ』
定価:本体2600円+税
四六判 ハードカバー 416頁
ISBN978-4-380-13900-0
 C0095
谷岡雅樹
◆日本図書館協会選定図書

『竜二』は最後の孤塁であった。

あの映画はいったい何だったのか……。現在も語り続けられる『竜二』の伝説。
その系譜を「俺たちの旅」「とんぼ」に辿りながら、83年という時代の熱を活写する。

1983年、日本の映画界を震撼させた一本の自主制作映画ー『竜二』
新しい風を巻き起こしながら、ヤクザ映画に見向きもしなかった層からも熱狂的な支持を受ける。
しかし、撮影時からガンを患っていた主演、脚本の金子正次は、公開の最中に世を去り、たった一本の映画と共に伝説となった。
本書は、突然現れた奇跡のような作品を通じて、映画と、あの時代の熱を活写すると共に、幻の「吉田監督版」と完成版(川島透監督)との比較を通じて、 『竜二』の何が新しかったのかを子細に浮かび上がらせてゆくだけでなく、現在の映画・芸能界と市民社会を挑発する「最後の映画評論家」谷岡雅樹、渾身の文明評である。

 

<書評掲載>

★商品はこちらからもご購入いただけます。

honto

発行/株式会社E-lock.planning
発売/株式会社三一書房

 

Share on Facebook
[`twib` not found]
Post to Google Buzz

Comments are closed.