あぶないハーブ


さんいちブックレット004
―脱法ドラッグ新時代―
定価:本体1000円+税
ISBN 978-4-380-12803-5 P112
小森榮弁護士:著
牧野由紀子薬学博士:化学指導

「脱法ハーブ」がらみの事件・事故が急増!
恐ろしい現実を、専門家がブックレットで解説!
ハーブを名乗る薬物の恐怖 ― 「脱法ハーブ」は脳細胞を殺す!

★商品はこちらからもご購入いただけます。

honto

はじめに
第1章  ハーブと名乗る薬物―合成カンナビノイドとは何か
1、脱法ハーブとは何か
2、「スパイス」の登場
3、合成カンナビノイドの検出
4、合成カンナビノイドとは
5、ハイジャックされた科学研究
6、脱法ハーブの製造者と販売者
7、新興国の化学会社
8、拡大する脱法ドラッグ市場
9、「ハーブ」と「バスソルト」

第2章 イタチごっこ―規制と潜脱、攻防の半世紀
1、デザイナードラッグの登場
2、米連邦のアナログ規制
3、フェネチルアミンとトリプタミン
4、ハーバル・エクスタシー日本へ
5、薬事法をめぐる攻防
6、マジックマッシュルームの被害拡大
7、麻薬指定の壁
8、変幻自在な類似薬物
9、脱法ドラッグの第一次ピーク
10、東京都の脱法ドラッグ対策
11、指定薬物制度の誕生
12、空白の4年間と突然の復活
13、規制策への模索

第3章 未来への負債―広がる健康被害
1、被害者は誰なのか
2、対談:脱法ドラッグの有害性をテストする
対談 舩田正彦氏 小森榮
3、寄稿:脱法ハーブがもたらす症状―アメリカの臨床報告から
寄稿 中元総一郎氏
あとがき

Share on Facebook
[`twib` not found]
Post to Google Buzz

Comments are closed.